角質のあれこれ
きれいな人が気を付けてること
ホームボタン
角質のあれこれ

膝の角質ケア方法

女性はスカートや短パンなど、足を露出する機会が多くなっています。

多くの女性が悩んでいる足のケアに、膝の角質ケアがあげられます。キレイな膝は他人にも好印象を与えます。

今回は、膝の正しい角質ケアの方法をご紹介します。

角質ケアは固い皮膚に行っても効果はほとんどないので、まず湯船などに浸かって角質を柔らかくしてからケアを行いましょう。

膝の角質を柔らかくしたら、スクラブ入りの石鹸で優しくマッサージを行います。強くこすると肌を傷つけしまうので注意が必要です。

角質オフは月に2回程度のペースで行いましょう。

スクラブで角質オフをしたら保湿を行います。フェイスケアに使うクリームやオイルなどを使用しても大丈夫です。

固さが気になる場合は、保湿ケアをしてからラップで10分ほど蓋をしましょう。そうすることで、角質まで保湿成分を浸透させることができ、肌が柔らかくなります。

保湿の鍵は角質層にある3つの成分

美肌を作るためには肌の潤いが大切です。

潤いを保つためには、肌の角質層にある3つの成分が鍵となります。この3つの成分をバランスよく保つことで、肌の潤いを保ち、美肌になることができます。

1つ目の成分が皮脂です。皮脂と汗が混ざり合うことでできる皮脂膜は肌の表面を弱酸性に保ち、菌の繁殖を防ぎます。

そのため、洗顔で皮脂を落としすぎてしまわないように注意が必要です。

2つ目の成分が天然保湿因子です。角質層にある細胞の中に含まれている成分となります。

水分を蓄える働きがあり、外部や内部から摂取した水分を肌に留める重要な役割を担っています。

3つ目が角質細胞間脂質です。角質層にある水分の約80%を守っている重要な成分です。

角質層内の水分蒸発を防ぎ、肌を乾燥から守る役割を担っています。

これらの成分をバランスよく保つためには、普段のスキンケアや生活習慣が重要となります。

3つの成分をバランスよく保ち、美肌を目指しましょう。

部位別シェービング方法

セルフでシェービングを行う場合、部位別でやり方が異なってきます。

正しい方法でお手入れをして、キレイにムダ毛処理をしましょう。

ムダ毛処理で一番お手入れをする機会が多い場所はワキです。ワキはくぼみが多いため、剃り残しが多くなりがちな場所です。

シェービングの際は腕をしっかり上げ、くぼみ部分を平らにするようにしましょう。

毛の流れに沿って、一気に剃るのではなく少しずつ丁寧に行いましょう。

二番目にお手入れの回数が多いのが腕と足です。

ワキと同じように、毛の流れに沿って丁寧に剃りましょう。力の入れすぎは厳禁です。

また、何回も繰り返しシェービングを行うと肌を傷つけてしまい、炎症を起こし色素沈着の原因となります。

シェービングの回数はなるべく抑えるようにしましょう。

▲ Page Top

Copyright (C) 2014 きれいな人が気を付けてること All Rights Reserved.