足の冷えが原因のトラブル

足の冷えが原因のトラブル

 

冷え性は女性を中心に多くの方が抱えている悩みです。
特に冬場は足先から冷えてしまい、体温調節が難しくなってしまう場合があります。
足先の冷えを放置しておくと、寒さだけでなく身体の様々な場所に影響を及ぼします。

 

まず、足の冷えは睡眠を妨害してしまいます。特に冬場は足の冷えで不眠症になってしまう方も多くなります。
靴下を重ね履きしても冷えが取れないという場合もあり、多くの方が悩んでいる症状です。
また、女性に多い足のむくみは足先の冷えが原因となっています。むくみを放置しておくと疲労感が貯まり、ストレスに繋がってしまいます。
足先の冷えによる血行不良は、酷い場合はしびれなどの知覚障害を引き起こし、最悪の場合は足先が壊死してしまいます。

 

ただの冷えと放置せず、足先の冷えはしっかりとケアする必要があります。

頭皮に負担をかけてしまう間違えたシャンプーの方法

頭皮に負担をかけてしまう間違えたシャンプーの方法

 

頭皮ケアを行うならば、まずは毎日のシャンプーを見直すことから始めましょう。
シャンプーは頭皮ケアの基本です。間違えたシャンプーを行うと、頭皮を傷つけてしまいます。
今回は、間違えたシャンプー方法をご紹介します。以下に当てはまる方はシャンプー方法を改善しましょう。

 

まず、シャンプーを頭皮にたくさん付けている方は量を減らしましょう。
シャンプーには界面活性剤という成分が配合されており、洗い残しは肌にダメージを与えてしまいます。

 

また、シャンプーを髪の毛に直接塗ることも禁止です。
シャンプーはあくまで髪の毛の汚れを排除するもので、頭皮に塗りこむと毛穴を詰まらせる原因となります。

 

シャンプーで洗う際、爪を立てて洗うと頭皮にダメージを与えてしまうので、洗う時は指の腹を使い洗うようにしましょう。

日常生活の中に潜む手荒れの原因

日常生活の中に潜む手荒れの原因

 

気付いたら手が荒れてしまっていた、という経験をしたことのある方は多いと思います。
手荒れの原因は日常生活の中に潜んでいるのです。

 

手荒れをしやすい方の傾向として、水仕事が多い方、手洗いや消毒の頻度が多い方、紙に触れる機会の多い方があげられます。
水仕事や手洗いで手を水分に触れさせる機会が多い場合、手の皮脂膜を水分に奪われてしまっています。特に洗剤は油汚れと一緒に皮脂膜を根こそぎ落としてしまいます。
紙も同様に、手の皮脂膜のバリアを壊してしまいます。
消毒は、アルコールの蒸発と共に手の水分を奪っていきます。
日常生活のこれらの行為は手に乾燥を招き、手荒れの原因を作っているのです。

 

人はほとんどの動作を手を使って行っているので、ある程度のことは仕方がないと言えます。
手荒れになる前にハンドクリームで保護したり、普段のスキンケアでしっかりと手のケアをするなど、対策をしておきましょう。

 
 

サブメニュー